投稿者別アーカイブ

2020.5.27 | 投稿者:

春の美しさを感じるついこの頃である。
社会では緊急事態宣言がでる中・・自然界の美しいこと、花々の色鮮やかなこと・・今年は特に自然界が逆に元気なのではないか・・と感じる。
散歩をしているワンコちゃんを見ると、むかし共に暮らしていた愛犬を思い出す。

長野の実家に愛犬をつれて旅をしたことがある・・・

半年前にもらった捨て犬の”ちびパグ”だ。彼は、捨てられて町をさまよって自傷痕があり発見当時はガリガリにやせていたそうだ。彼にとって初めての車の旅のようでなかなか慣れないようだった。

現地について、ベランダに小さいハウスや敷物を並べて居場所を作った。そこは、ふだんの数倍のスペースであり、涼風がはいってきて目の前は畑などの緑が広がり、最高のスペースだった。

その彼が、夜中にくるくる回りひとりで何度も遠吠えをするのだ。”おちび”で”タヌキのぬいぐるみ”のような彼がこんな狼みたいな声をだすのか・・とカーテンのすき間からのぞいてみた。すると、ちびでタヌキの顔をしたまま、体はりりしく天を向いてふんばり・・「ウォーン、ウォウォーン」とその声は夜空にひびいた。

捨てられて発見してくれた人のお世話になり、一時的に預かってくれた方のお世話になり、何度か転々としたから、また捨てられると思ったのかもしれない。調べると、犬の遠吠えは、孤独な時だれかを呼び求める声ともいう。

飢え渇いた時の心に似ている。人は誰もが一人で生まれ、親と暮らし、分かれて結婚し、子供ができ、また別れ・・最後は1人でこの人生をしめくくる。どのような経緯をたどったとしても、誰にもいえることは、孤独があるということだ。

だから羊飼いなる優しい、うるわしい神様と共にあること、いつもどんな時も共にいて下さる方がいること。・・・この喜びに今日もあらためて感動する。

そして、心が飢え渇いた時は、満たしてくださる方にむかって「ウォーン、ウォウォーン」と叫ぼう。天に向かって叫んだ時、人知では計り知れない神様の恵みと愛で心は満たされる・・。

彼・パグの名は”サンオク”という。少し変わった名前だが、呼べば必ず振り返る。人をいやし愛きょうをふりまき、盗み食いが得意・・

『私が与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命への水がわきでます。』 聖書より

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし
2020.5.16 | 投稿者:

主は眠らないお方・・ 詩篇121:1~8

イエス様は死からよみがえられ、人々の罪を清められた後、雲に覆われつつ天に上げられた。そして大いなる方の玉座の右の座にお着きになられた。
その目的は、イエスはまことの聖所、また幕屋でお仕えになることと、私たちのために執り成すためであった。

『この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、ご自分を通して神に近づく人たちを完全に救うことがおできになります。』ヘブル7章25節

5節『主はあなたを見守る方、あなたを覆う陰、あなたの右にいます方。』・・主の真実は永遠である・・

♦ 2020年の召天日は5月21日(木)です。希望を抱きつつ・・

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし
2020.5.10 | 投稿者:

わたしを愛しているか・・ ヨハネ21:15~25

イエス様は食事を済まされると、ペテロと会話をされた。この食事は和解を意味している。昇天前に弟子たちの”心の傷の回復”に手を差し伸べられたのである。
そして、イエス様はペテロの心の傷に目をかけられ、3度も「私を愛しているか?」と問うた・・とても痛々しく切ないシーンだ。
18章18節での炭火をたく寒い中、ペテロが「イエスという人は誰だか知らない」と3度も否定したからである。その回数分イエス様は同じ炭火をたく中(時間を戻すかのように)、ペテロに”愛の告白”へと導かれた。イエス様だけが本当の癒し、神との100%の和解を成し遂げて下さるお方である。
                                                 栄光在主

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし
2020.5.3 | 投稿者:

さあ来て朝の食事をしなさい。 ヨハネ21:1~14

弟子たちの前によみがえった姿を現されたことは、これまでに2度もあった。
それにもかかわらず弟子たちは「私は漁に行く」と・・・いわゆる”以前の生活(古い自分)”に戻っていったのである。

復活したイエスの姿を2度も目撃しながらも弟子たちは相変わらず”弱々しかった”。
岸に立つイエス、それはイエスの悲しい姿を現していた。大漁を捕り弟子たちが陸に上がった時、すでに魚とパンを焼く給仕するイエス様の姿があった。
必要の全ては上から来る、永遠の愛も上から来る。それはあり余るほどのものである。
・・・「子たちよ、何か食べる物はあるか。」

 下のマークのはイクソスとあり、初期のクリスチャンが隠れシンボルとして用いたマークである。

「イクソス」の画像検索結果

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし
2020.4.26 | 投稿者:

罪の赦しの宣言 ヨハネ20:19~29

日曜の夕方、弟子たちは迫害を恐れて家に鍵をかけて縮みあがっていた。そこへイエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平安があるように。」と言われた。そしてイエスは手とわき腹をお見せになり・・息(聖霊)を吹きかけられた。
私たちもこの世の暗闇と不安の中にある今、主イエス様を心の真ん中にお迎えしようではありませんか。そうすれば罪の赦しからくる平安と困難に打ち勝つ勇気を常に得られるのである。       シャローム・アレヘム(平安あれ!)

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし
2020.4.23 | 投稿者:

よみがえられたイエス マルコ16:1~14

日曜日の早朝にイエス様はよみがえられた。大きな石が転がされていて、
その中には遺体がなかったと聖書は記している。
そのあまりの驚くべき出来事のゆえ、安息日が土曜日から日曜日に移行することとなった。
日曜日の”日曜”の意味合いは、「日の光が美しく輝く中、鳥が羽ばたく」ということらしい(鳥たちの早朝のさえずりは主の復活を賛美しているかのよう)。
そのようにクリスチャンにとっても、普通ではおれない特別な日なのである。
まさしくお祭りの日、”復活祭”!!『死は勝利にのまれた』のである。  

カテゴリー: お知らせ  | コメントなし